ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

バイクを乗りつぶす時

バイクを乗りつぶす時

修理よりも新車の価格の方が安い場合

修理よりも新車の価格の方が安い場合

バイクも使い込んで行くと、後から後から故障が発生します。
故障の他にタイヤなどは定期的に交換しなくてはなりませんから、維持費も毎年上がって行きます。

オイル上がりなどエンジン本体に関わるトラブルが発生したときは、他の修理やメンテナンス費用とあわせると、新車を購入した方が安くなります。

初代ジェベルは8万キロ

初代ジェベルは8万キロ

初代に購入したジェベルは約8万キロで寿命となりました。
上に掲載した写真は7万キロをずいぶんと越えた頃に走った四国での一葉です。

バイクそのものは走ることはできましたが、トラブルが続発して新車を購入し、このバイクは部品とり車として保管しています。

主なトラブルはオイル上がり、1日に500cc消費しました。
シフトペダルを固定するシャフトの緩み、信号待ちの度にシフトペダルが落ちるようになっていました。
そのた、諸々です。

シフトペダルとスタンド

シフトペダルとスタンド

折れたスタンドを溶接した後です。
保管するにしてもスタンドがなければいけないので、溶接しました。

左に見えるシフトペダルには登山用のナイロンザイールが巻き付けてありますが、これはペダルが脱落しても車体からぶら下がるようにするためです。

フロントのブレーキディスク

フロントのブレーキディスク

フロントのブレーキディスクです。
許容範囲をだいぶ下回る厚さまで摩耗しています。
当然パッドも換えなくてはなりません。

のびきったチェーンと摩耗したスプロケット

のびきったチェーンと摩耗したスプロケット

チェーンはのびきってしまい、コマを2つ詰めてあります。
スプロケもチェーンとの間がすかすかなほど摩耗しています。

修理のが高くつく

修理のが高くつく

見てきたほかにもバックミラーが折れていたり、サイレンサーにクラックが入っていたりと、あちこち壊れていたので、修理するよりも買い換える方が安くなってしまいました。

事実上乗りつぶしたわけですが、ここまで乗り込んだバイクは幸せなのか迷惑なのかわ、わたしにはわかりません。

Ads by Google