ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

宿泊のスタイル

宿泊のスタイル

宿に泊まるかテントで野営をするか。宿に泊まるならホテルか、とほ宿か、ユースホステルか、ライダーハウスか。
北海道をテントで野営をしながら旅をするのには何が必要か。

北海道ツーリングには、ライダーの好みと予算に応じた宿泊スタイルを選べるのが魅力です。

キャンプツーリング

更新日:2012/07/12 

天幕(テントの事)と寝袋(シュラフの事)をバイクにくくりつけて北海道を旅する。
これぞ北海道ツーリングの定番でしょう。

キャンプツーリングデビューが北海道というライダーも多くいます。
キャンプ場で、テントが張れずに泣きそうな顔をしているライダーがいたら、まずキャンプデビュー初日のライダーと思って間違い有りません。

北海道はキャンプ場の数が多く、キャンプ料金も500円以下というところが殆どです。無料のキャンプ場もまだまだあります。
キャンプ場はライダーやチャリダーに地元のキャンプ愛好家が多数訪れていて、交流の場ともなっています。
ツーリング中はどっぷりと北海道に浸りたいなら、キャンプツーリングがお薦めです。

キャンプツーリング

北海道ツーリングの宿泊

更新日:2012/07/12 

2005年以降の北海道を旅するライダーの傾向が変わってきました。
一言で言うと、高齢化です。
わたしは1965年生まれですが、わたしよりもだいぶ人生のベテランが多く、若いライダーは殆ど見かけなくなりました。
早い話が年金で走っている訳です。

この様なライダーは自分で稼いだお金でないので、リッチな旅をしているようです。
オートバイは当然リッターバイク。ハヤブサやニンジャやCBRやハーレーダビットソンやドカッティなど、高級車ばかりです。
直線道路以外はよたよたしていますが、北海道の道路は、基本が直線なので、あまりボロがでないのがありがたい。

泊まるところもホテルが多いようで、キャンプ場やライダーハウス、とほ宿やユースホステルで見かけることはまずありません。
ですから、こうしたリッチなライダーはここでは無視しして話を進めます。

北海道ツーリングの宿泊

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google