ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

瑞山武市半平太生家(高知市)

瑞山武市半平太生家(高知市) 返信

  1. 投稿者:うーたん 高知県
  2. (投稿日:2004/05/08 / 更新日:2004/05/08)
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除
  4. 地図の入力

土佐勤王党の首領でのちに切腹して果てた武市半平太の生家です。

司馬遼太郎さんの著作、竜馬がゆくの中で「小城郭を思わせる」と書かれているままの景観を現在もとどめています。

住まわれている坂本さんは坂本竜馬の坂本家とは全く別の家系で、戦国時代からこの辺りを有していた長曽我部武士の末裔だそうです。

母屋

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2004/05/08
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

武市半平太生家の母屋です。
建物は江戸時代からのもので、屋根だけを昭和60年頃に茅葺きからトタン屋根に変えてあります。
また、玄関も元の位置から変更してあります。

刀傷

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2004/05/08
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

武市半平太がつけたのではと言われる柱の傷跡です。
刀傷というより、小柄(こづか)で削ったような後が多数柱に残っています。

京都の寺田屋などには坂本竜馬がつけた刀傷が残されていますが、真偽のほどは定かではありません。
その点、この傷跡を半平太がつけたという伝承は、生家だけに確かのように思われます。