ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

北海道ツーリングガイド

北海道ツーリングガイド

ライダーなら一度は走りたいとあこがれる大地が北海道でしょう。地平線まで延びる直線道路、エゾヒグマ、キタキツネ、エゾシマリスなどの固有の動物、未だ人間に飼い慣らされていないおおらかな自然、毛カニに花咲カニにホッケにホタテ貝という美味しい海産物、ジャガバターに焼きトウモロコシにジンギスカンという美味しい酪農品、etc。他地方では見られない魅力が一杯です。

キャンプ場やライダーハウスで泊まりあったライダー同士がすぐに親しくなれるのも、ハーレーの乗りとハヤブサ乗りとXR乗りが道の駅の駐車場に隣り合ってバイクを止めただけで話が弾むのも北海道だけです。

毎年、多くのライダーが北の大地を走りに訪れていますが、ほんのちょっとの知識のプラス、準備のプラスをするだけで、より楽しい旅となります。初めての北海道ツーリングでわくわくしながら準備をしているライダーにアドバイスを送ります。

お薦めの宿

お薦めの宿

北海道をオートバイで旅した日数は15年間で約100日。
別に、家族旅行や登山旅行が20日ほど。
他に、1985年から2年間と、2005年から2年間の、計4年を在道しました。

北海道のあちこちの宿も利用してきましたが、料金が高ければサービスが良く料理が美味しいのも当たり前ですから、リーズナブルな料金で、ここは実際に泊まった経験からお薦めできるという宿だけを取り上げてみました。

宿というのも移り変わりのあるものなので、前回泊まって良かったから、今回も利用して同じ満足度が得られるとは限りませんが、わたしの評価が多少の参考になればと思います。

お薦めの宿

北海道の気候と服装と装備

北海道の夏は寒い。初めて走るライダーには知られていない事です。夏でも10度前後まで下がることが珍しくありません。北海道の夏は暑い。ベテランライダーが以外に知らない事実です。防寒しながら防暑するのが北海道ツーリングの難しさで有り、準備段階の楽しさでもあります。

▼続きを読む

寒い夏の話
夏の天気予報の最高気温を見ていると、札幌や函館の気温が以外に高く、仙台や秋田を上回っていることも良くあるので、北海道の夏が寒いというと驚かれるかもしれません。しかし、気温が高いのは函館市を中心とした道南地方と、札幌市を中心とした道央地方だけです。
広大な大地の広がる北海道ツーリングの核心部分の旭川市から稚内市にかけての道北地方や、北見市から根室市、釧路市、帯広市にかけての道東地方は25℃を上回る夏日となれば暑い方です。真夏日の30℃を超える日は、道北や道東では一月に数えるほどしかありません。
雨が降ったりすると、日中でも気温は上がらず、12度から16℃程度が一日の最高気温という日もあります。
日中のライディングの服装にウィンタージャケットが欲しくなります。。

夏の日の最低気温は、道北地方や道東地方では、晴れていると放射冷却で10度を下回ることもあります。
また、雨が降ったりしても気温が上がらず寒い思いをします。
朝晩の冷え込みに備えて、フリースのジャケットや厚手のウールの靴下などが欲しくなるでしょう。

暑い夏の話
寒い話の次は暑い話です。
夏の北海道のオホーツク海沿岸と太平洋岸沿岸では、希にフェーン現象が発生して、猛烈な暑さとなります。フェーン現象が発生すると、日中の最高気温が35度を越えることもあります。例えば2014年6月3日の十勝地方では37.8度を記録しています。

北海道の四季
北海道のツーリングシーズンは、日本人の夏休みに合わせた様な7月中旬から8月中旬にかけての一ヶ月間です。全道の道路が雪と氷に覆われてしまう冬のツーリングは無理として、春や秋の季節はどうなのでしょうか。北海道以外の地方では、ツーリングに適した季節は寒くなく暑くない5月のゴールデンウィークや秋の紅葉の季節です。
北海道にも春と秋は訪れますが、春の訪れは遅く、秋は駆け足で去って行きます。
道北や道東では4月に入っても猛烈な吹雪となる日がありますし、5月、桜も散った頃にどか雪が降ることもあります。
9月に入るとすぐに大雪山で日本一早い紅葉が見られ、10月に入ると人の住む平野部でも初雪の便りが聞かれます。10月下旬となると、林道や標高の高い峠越えルートは積雪でオートバイでは通れなくなることもあります。

×閉じる

北海道の気候と服装と装備

宿泊のスタイル

宿に泊まるかテントで野営をするか。宿に泊まるならホテルか、とほ宿か、ユースホステルか、ライダーハウスか。
北海道をテントで野営をしながら旅をするのには何が必要か。

北海道ツーリングには、ライダーの好みと予算に応じた宿泊スタイルを選べるのが魅力です。

宿泊のスタイル

美味しい食事

美味しい食事

北海道ツーリングの魅力の一つが、北海道でしか味わうことの出来ない食べ物です。
ホタテ、毛ガニ、タラバガニ、花咲ガニ、ホッキ貝などの海の幸、ジャガイモや玉ねぎなどの農作物、牛乳とソフトクリームなどの乳加工品、等々。

外食にするか自炊で済ませるか、どちらにするにしても美味しいものを食べながらのツーリングは至福の旅になります。

美味しい食事

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google