ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

ダウンシュラフ

ダウンシュラフ

ダウンシュラフの魅力は寝心地の良さと収納サイズが軽量コンパクトなことでしょう。ダウンシュラフシュラフで寝ると寝心地のよい一夜を過ごせます。睡眠は人間が活動をするのに最も重要なものなので、シュラフにはお金をかけたいものです。

ダウンシュラフは、氷点下でも暖かく睡眠できるシュラフが驚くほど小さく収納できます。荷物のパッキングで頭を悩ませるのもツーリングの楽しみの一つなのですが、軽量コンパクトのシュラフで少しパッキングも楽をしてみましょう。

湿気を含むと急激に保温の能力を失う欠点がありますが、早朝、5分も朝日に干せば乾いてしまうのがダウンシュラフです。ただし、曇天だったり濃霧だったり、連日雨に降られたツーリングではシュラフを干すことも出来ないので、保温の能力の落ちたシュラフで寒い夜を過ごさなければなりません。シュラフカバーやインナーシュラフなども別途に用意しておくべきです。

ダウンシュラフは登山用の高価な品が多く流通しています。
登山用のシュラフは保温能力が高く、とても軽量なのですが、非常に高価となるという欠点があります。
このため、ツーリングでは登山用の高価なシュラフよりも、やや廉価な汎用性の高いダウンシュラフを購入します。

ダンロップ ダウンシュラフGFM36


素材:表/ポリエステル100%、中綿/ダックダウン(ダウン80%、フェザー20%)
適応気温:0℃
重量:1150g(羽毛量100g)
構造:ボックス構造
サイズ:225×80×50cm
収納サイズ:35×径19cm
適正気温は-0℃とまずまずの低さですから、北海道を除く3シーズンシュラフとして使えるだけでなく、夏の北海道や北東北ツーリングにも使えます。(注:メーカーのこの手の気温表示は統一した基準がありませんから、割り引いて読む必要があります)

重量は約1150g。氷点で使えるシュラフで主さが1150gと軽いのは、ダウンシュラフならでしょう。
化学繊維のシュラフなら2kgは越えるでしょう。
1万円を切る価格でこの性能のシュラフが手に入るのはすばらしいことです。

山岳シュラフによく利用される高価なグースダウンを使わずに、保温の能力ではやや落ちるダックダウンを使っている点がみそでしょう。重量辺りの保温の能力が落ちる点に足しては、ダウンの量を増やすことで、保温性を維持しています。

登山ほどの軽量化は、ツーリングユースには必要がありませんから、低価格のダックダウンのシュラフは歓迎するところです。しかも、グースダウンのシュラフに比べて、ラフに扱ってもダックダウンはその保温の能力が落ちることが少ないので、激しいライディングや乱雑なパッキングをしがちな、ツーリングに向いているシュラフと言えます。

楽天市場でGFM36を探す。
AmazonでGFM36を探す。

イスカ ダウンプラス タビング200


シュラフ・寝袋の専門メーカーのイスカ(ISUKA)の製品です。
製品情報はダウンプラス タビング200のページ

「旅+ツーリング」から取られたネーミング“タビング”の通り、ツーリングユースを強く意識したシュラフです。最低使用温度は6℃と、ツーリングシーズンの早朝の気温に合わせてあります。
ただ、イスカの最低使用温度は着衣をして就眠をする状態の気温が元となっているようなので、半袖短パンの姿で就眠するライダーは、この気温よりももう少し高い気温までしか使えないという点を考慮する必要があります。

重量は約650g。
収納サイズは13*21cm。
使用サイズが200*81cm。

最低気温が6℃とあまり低くないので、このシュラフ単体で北海道ツーリングや北東北ツーリングをこなすのは無理ですが、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、大丈夫です。
重量が650gと軽く、収納サイズもコンパクトなので、シュラフとカバー、インナーを組み合わせて、夜の気温に合わせた就眠をすることが出来ます。

ナチュラムでタビング200iconを探す。
楽天市場でタビング 200を探す。
Yahoo!ショッピングでタビング200を探す。
Amazonでタビング 200を探す。

イスカ ダウンプラス チロル


シュラフ・寝袋の専門メーカーのイスカ(ISUKA)の製品です。
製品情報はダウンプラス チロル

イスカからの引用です。

夏の中級山岳や避難小屋での宿泊に最適のモデルです。シングル構造により軽量でコンパクト。

わたしの経験では、夏の2000m級の山の朝晩の最低気温は10℃から20℃位です。

■参考使用温度:6℃
■平均重量650g
■生地:表/ポリエステル100%・裏/ポリエステル100%
■羽毛量:200g(90/10 700フィルパワ-)
■最大長:80(肩幅)×207(全長)cm
■収納サイズ:φ13×21cm
■カラ-:フレッシュグリ-ン

最低気温が6℃とあまり低くないので、このシュラフ単体で北海道ツーリングや北東北ツーリングをこなすのは無理ですが、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、大丈夫です。
重量が650gと軽く、収納サイズもコンパクトなので、シュラフとカバー、インナーを組み合わせて、夜の気温に合わせた就眠をすることが出来ます。

楽天市場でダウンプラス チロルを探す。
Amazonでダウンプラス チロルを探す。

イスカ ダウンプラス タトパニ


シュラフ・寝袋の専門メーカーのイスカ(ISUKA)の製品です。
製品情報はダウンプラス タトパニ

イスカからの引用です。

夏の3000mクラスや春秋の中級山岳用におすすめのモデルです。春から秋にかけてのテント泊山行が中心の方々にはベストチョイスです。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位です。

■参考使用温度:2℃
■平均重量840g
■生地:表/ポリエステル100%・裏/ポリエステル100%
■羽毛量:300g(90/10 700フィルパワ-)
■最大長:80(肩幅)×207(全長)cm
■収納サイズ:φ14×28cm
■カラ-:ネイビ-ブル-

最低気温が2℃と中途半端なので、このシュラフ単体で北海道ツーリングや北東北ツーリングをこなすのは無理かもしれません。しかし、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、大丈夫です。
重量が840gと軽く、収納サイズもコンパクトなので、シュラフとカバー、インナーを組み合わせて、夜の気温に合わせた就眠をすることが出来ます。

楽天市場でダウンプラス タトパニを探す。
Amazonでダウンプラス タトパニを探す。

イスカ ダウンプラス ポカラ


シュラフ・寝袋の専門メーカーのイスカ(ISUKA)の製品です。
製品情報はダウンプラス ポカラ

イスカからの引用です。

夏山から冬の低山まで幅広く対応可能なモデルです。春秋の3000mクラスのテント泊や積雪の少ない冬期のご使用にもおすすめします。

わたしの経験では、春秋の3000m級の山の朝晩の最低気温は-6℃から0℃位です。

■参考使用温度:-6℃
■平均重量1050g
■生地:表/ポリエステル100%・裏/ポリエステル100%
■羽毛量:500g(90/10 700フィルパワ-)
■最大長:80(肩幅)×207(全長)cm
■収納サイズ:φ16×32cm
■カラ-:ブリック

最低気温が-6℃なので、このシュラフ単体で北海道ツーリングや北東北ツーリングをこなすのが可能です。
しかし、暑い夜をこのシュラフで過ごすのは無理なので、シュラフカバーやインナーシュラフで暑い夜に就眠します。
重量が1050と軽く、収納サイズもコンパクトなので、シュラフとカバー、インナーを組み合わせて、夜の気温に合わせた就眠をすることが出来ます。
南東北以南のツーリングでは、3シーズンシュラフとして使用できます。

楽天市場でダウンプラス ポカラを探す。
Amazonでダウンプラス ポカラを探す。

ロゴス NEWダウンアリーバ・-6


アウトドア用品メーカーのロゴスの製品です。
製品情報はNEWダウンアリーバ・-6

ロゴスからの引用です。

●快適を追求した快眠ダウンマミー
●湿気対策を意識したモイスチャーマネジメント
●ダウンは高品質600フィルパワー

適正温度:-6℃まで
総重量:(約)1.23kg
サイズ:(約)幅80×長さ210cm
収納サイズ:(約)直径18×長さ34cm
表素材:モイスポリライト
肌面素材:モイスポリライト
中綿:ホワイトダックダウン90:10

最低気温が-6℃と十分に低いので、夏の北海道ツーリングや北東北ツーリングでもシュラフ単体で快適に就眠できます。標高1000mを越える十勝岳の吹上温泉キャンプ場でも寒さ知らずです。

南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えますが、少し暑いです。その時は、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、快適な睡眠が得られます。

重量が1.23kg、直径18×長さ34cmとダウンシュラフとしてはかなり重く大きいです。アヒルの羽毛を使っているので、廉価ですが重く大きくなっています。

楽天市場でNEWダウンアリーバ・-6を探す。
AmazonでNEWダウンアリーバ・-6を探す。

ロゴス NEWダウンアリーバ・2


アウトドア用品メーカーのロゴスの製品です。
製品情報はNEWダウンアリーバ・2

ロゴスからの引用です。

●快適を追求した快眠ダウンマミー
●湿気対策を意識したモイスチャーマネジメント
●ダウンは高品質600フィルパワー

適正温度:2℃まで
総重量:(約)1.0kg
サイズ:(約)幅80×長さ210cm
収納サイズ:(約)直径16×長さ30cm
表素材:モイスポリライト
肌面素材:モイスポリライト
中綿:ホワイトダックダウン90:10

最低気温が2℃と中途半端なので、このシュラフ単体で北海道ツーリングや北東北ツーリングをこなすのは無理かもしれません。しかし、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば大丈夫です。

南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えますが、特に冷え込んだ晩や、熱帯夜のために、シュラフカバーとインナーシュラフを持参した方が良いでしょう。

重量が1.0kg、直径18×長さ34cmとダウンシュラフとしてはかなり重く大きいです。600FPのアヒルの羽毛を使っているので廉価ですが、重く大きくなっています。

楽天市場でNEWダウンアリーバ・2を探す。
AmazonでNEWダウンアリーバ・2を探す。

ロゴス NEWダウンアリーバ・6


アウトドア用品メーカーのロゴスの製品です。
製品情報はNEWダウンアリーバ・6

ロゴスからの引用です。

●快適を追求した快眠ダウンマミー
●湿気対策を意識したモイスチャーマネジメント
●ダウンは高品質600フィルパワー

適正温度:6℃まで
総重量:(約)930g
サイズ:(約)幅80×長さ210cm
収納サイズ:(約)直径13×長さ26cm
表素材:モイスポリライト
肌面素材:モイスポリライト
中綿:ホワイトダックダウン90:10

最低気温が6℃なので、東日本では夏専用のシュラフとして、西日本では3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
北海道ツーリングや北東北ツーリングでは夏でも単体では無理なので、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせます。それでも道北道東と下北半島では寒いかもしれません。

重量が0.9kg、直径13×長さ26cmとダウンシュラフとしてはかなり重く大きいです。600FPのアヒルの羽毛を使っているので廉価ですが、重く大きくなっています。

楽天市場でNEWダウンアリーバ・6を探す。
AmazonでNEWダウンアリーバ・6を探す。

ナンガ(NANGA) オリジナルダウンシュラフ -5~-10度


シュラフ・寝袋の専門メーカーのナンガの製品です。

●表生地:30dnナイロンリップシレ撥水加工
●裏生地:30dnナイロンリップシレ撥水加工
●羽毛:STD(ホワイトダックダウン80-20%)
●羽毛量:500g●総重量:(レギュラー約1050g)
●収納サイズ:レギュラー(約)直径16X30cm
●ファスナー:サイドジップ(右)
●内部構造:ボックスキルト構造
●付属品:収納袋●温度域:温度域快適温度 -5℃、限界温度 -10℃
●フィルパワー:650FP
●レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)
●日本製(MADE IN MAIBARA)

低気温が-10℃と低いので、シュラフ単体で夏の北海道や北東北のツーリングが可能です。南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えますが、夏の平野部では暑すぎるでしょう。

650FPダウンを使用しているので、ダウンシュラフの割にそれほどコンパクトに収納できませんが、キャンプツーリングなら許容範囲でしょう。

Amazonでナンガ オリジナルダウンシュラフ 500STD レッド/ブラックを探す。

ナンガ UDD BAG180DX


シュラフ・寝袋の専門メーカーのナンガの製品です。
製品情報はUDD BAG180DX

ナンガは長年、中国のシュラフメーカーと勘違いをしていました。ナンガ=南画とイメージした記憶がすり込まれたようです。
ナンガは滋賀県に本社を置くシュラフ専門のメーカーで、特に登山家に高い評価を受けています。

ナンガからの引用です。

DXの羽毛に超撥水加工を施した高品質で高機能ダウン(770FP)を使用し、最大の弱点であった水濡れを克服しております。

[快適使用温度] 7℃
[使用可能限界温度] -6℃
表生地:15dnナイロンシレ撥水加工
裏生地:15dnナイロンシレ撥水加工
内部構造:シングルキルト構造
ダウン量:180g
フィルパワー:770FP
収納サイズ:φ12×20cm
総重量:450g

最低気温が-6℃と十分に低いので、夏の北海道ツーリングや北東北ツーリングでもシュラフ単体で快適に就眠できます。標高1000mを越える十勝岳の吹上温泉キャンプ場でも寒さ知らずです。

南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えますが、少し暑いです。その時は、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、快適な睡眠が得られます。

450gとダウンシュラフの最大のメリットの軽さを享受できるモデルです。770FPダウンを使用しています。
シュラフの生地が撥水性を持っているので、シュラフカバーを使わなくてもシュラフが濡れて保温力を失う心配が少なくて済みます。

楽天市場でUDD BAG180DXを探す。
AmazonでUDD BAG180DXを探す。

ナンガ(NANGA) ナノワインダウンバック 350STD


シュラフ・寝袋の専門メーカーのナンガの製品です。

●表生地:30dnナイロンリップNANO-tex加工
●表生地カラー:WIN
●裏生地:20dnナイロンタフタシレ撥水加工
●裏生地カラー:ブラック
●内部構造:シングルキルト構造
●羽毛:STD(ホワイトダックダウン80-20%)650FP
●羽毛量:350g
●快適使用温度/使用可能限界温度:-3℃~-8℃
●収納サイズ:約直径18X長さ29cm
●総重量:約680g
●レギュラーサイズ:最大長210cm×最大肩幅80cm(身長175cmまで)

低気温が-8℃と低いので、シュラフ単体で夏の北海道や北東北のツーリングが可能です。南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えますが、夏の平野部では暑すぎるでしょう。

650FPのアヒルのダウンを使用しているのですが、680gと非常に軽量です。-8℃の保温力を持ったシュラフとしてはちょっと信じられないくらいです。
収納サイズも直径18X長さ29cmとコンパクトです。
価格が非常に廉価です。お買い得の一品です。

楽天市場でナノワインダウンバック 350STDを探す。
Amazonでナノワインダウンバック 350STDを探す。

deuter(ドイター) アストロ-2


ドイツのアウトドアメーカーのドイター(deuter)の製品です。

Amazonからの引用です。

800フィルパワー以上の最高級クラスのグースダウンを95%使用。放熱を抑えるためのアウター素材や快適な寝心地を得るためにインナー素材選びのほか、保温性能を高めるために細部までこだわったモデルです。春秋から夏山のテント泊、シーズンを通してのキャンプ泊など幅広く使用できるモデル。このクラスのモデルには見られない台形構造を採用して保温性を高めています。

サイズ:205×75cm
収納サイズ:14.5×~30cm
重量:本体/755g
中綿量:290g(グースダウン95%、フェザー5%)
使用温度目安:男性-2.7℃まで、女性+2.7℃まで
アウター生地:20Dマイクロテック(ナイロン)
インナー生地:20Dソフトナイロン

わたしの使用しているアストロ280とほぼ同じ仕様です。夏の北海道ツーリングにもシュラフ単体で使えます。
シュラフカバー、インナーシュラフと組み合わせれば、南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えます。

楽天市場でアストロ-2を探す。
Amazonでアストロ-2を探す。

モンベル ダウンハガー900 #3


アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はダウンハガー900 #3

モンベルからの引用です。

究極の保温性と軽量性を併せ持ち、快適性も極めたフラッグシップモデルです。夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルです。短くて軽量な80cmのショートジッパーを採用しています。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位です。

【総重量】540g
【カラー】バルサム(BASM)
【収納サイズ】φ13×26cm(2.8L)
【コンフォート温度】3度
【リミット温度】-2度

最低気温が-2℃と低いので、シュラフ単体で夏の北海道や北東北のツーリングが可能ですが、冷え込んだ夜のためにシュラフカバーやインナーシュラフを持参した方が良いでしょう。南東北以南のツーリングでは3シーズンシュラフとして使えます。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は最高級のダウンの900FPを使用しています。
収納サイズの小型化と重量の軽量化を図るライダーにのみお勧めできるシュラフです。

楽天市場でダウンハガー900 #3を探す。
Amazonでダウンハガー900 #3を探す。

モンベル ダウンハガー900 #5

モンベル ダウンハガー900 #5

アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はダウンハガー900 #5

モンベルからの引用です。

究極の保温性と軽量性を併せ持ち、快適性も極めたフラッグシップモデルです。夏の縦走や秋冬のキャンプなどにも適したモデルです。短くて軽量な80cmのショートジッパーを採用しています。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位です。このシュラフ単体ではとても寝られません。

【総重量】387g
【カラー】ブルーリッジ(BLRI)
【収納サイズ】φ12×24cm(2.2L)
【コンフォート温度】10度
【リミット温度】5度

最低気温が5℃なので、東日本では夏専用のシュラフとして、西日本では3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
北海道ツーリングや北東北ツーリングでは夏でも単体では無理なので、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせます。それでも道北道東と下北半島では寒いかもしれません。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は最高級のダウンの900FPを使用しています。
収納サイズの小型化と重量の軽量化を図るライダーにのみお勧めできるシュラフです。とても高価なシュラフですが、価格に見合った性能を持っています。

楽天市場でダウンハガー900 #5を探す。
Amazonでダウンハガー900 #5を探す。

モンベル ダウンハガー800 #3


アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はダウンハガー800 #3

モンベルからの引用です。

抜群の快適性と軽量性を備え、コンパクト収納も実現した高品質モデルです。夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルです。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位です。このシュラフ単体で寒そうで歩く気は起きません。

【総重量】620g
【カラー】バルサム(BASM)/ サンライズレッド(SURD)
【サイズ】R/ZIP / L/ZIP
【収納サイズ】φ14×28cm (3.4L)
【コンフォート温度】5度
【リミット温度】1度

最低気温が+1℃なので、南東北以南の3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
夏の北海道ツーリングや北東北ツーリングでもシュラフ単体で快適に就眠できますが、道北道東地方のツーリング中に冷え込むと寒くて目が覚めるはずです。その時は、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、快適な睡眠が得られます。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は高級のダウンの800FPを使用しています。(800FPのダウンは、殆どのメーカーでは最高級ダウンと謳いますが、モンベルでは900FPダウンを使ったフラッグシップモデルがあるのでただの高級羽毛になります、面白い事です)
収納サイズの小型化と重量の軽量化を図るライダーにのみお勧めできるシュラフです。高価なシュラフですが、価格に見合った性能を持っています。900FPはさすがに高価で躊躇するライダーでも800FPのこのモデルなら手が出るのではないでしょうか。

楽天市場でダウンハガー 800 #3を探す。
Amazonで<ダウンハガー 800 #3を探す。

モンベル アルパイン ダウンハガー800 #3


アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はアルパイン ダウンハガー 800 #3

モンベルからの引用です。

超軽量・コンパクトで高い快適性を実現した、Light & Fastモデルです。夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルです。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位です。このシュラフ単体で寒そうで歩く気は起きません。シュラフカバーは最低でも必要でしょう。

【総重量】570g
【カラー】バルサム(BASM)
【収納サイズ】φ13×26cm (2.8L)
【コンフォート温度】6度
【リミット温度】1度

最低気温が+1℃なので、南東北以南の3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
夏の北海道ツーリングや北東北ツーリングでもシュラフ単体で快適に就眠できますが、道北道東地方のツーリング中に冷え込むと寒くて目が覚めるはずです。その時は、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、快適な睡眠が得られます。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は高級のダウンの800FPを使用しています。(800FPのダウンは、殆どのメーカーでは最高級ダウンと謳いますが、モンベルでは900FPダウンを使ったフラッグシップモデルがあるのでただの高級羽毛になります、面白い事です)
収納サイズの小型化と重量の軽量化を図るライダーにのみお勧めできるシュラフです。高価なシュラフですが、価格に見合った性能を持っています。900FPはさすがに高価で躊躇するライダーでも800FPのこのモデルなら手が出るのではないでしょうか。

楽天市場でアルパイン ダウンハガー 800 #3を探す。
Amazonでアルパイン ダウンハガー 800 #3を探す。

モンベル アルパイン ダウンハガー 800 #5


アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はアルパイン ダウンハガー 800 #5

モンベルからの引用です。

超軽量・コンパクトで高い快適性を実現した、Light & Fastモデルです。夏の縦走や秋冬のキャンプなどにも適したモデルです。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位、夏の中級の山の朝晩の最低気温は15℃から20℃位です。

【総重量】430g
【カラー】インクブルー(IKBL)
【収納サイズ】φ12×24cm (2.2L)
【コンフォート温度】10度
【リミット温度】6度

最低気温が6℃なので、東日本では夏専用のシュラフとして、西日本では3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
北海道ツーリングや北東北ツーリングでは夏でも単体では無理なので、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせます。それでも道北道東と下北半島では寒いかもしれません。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は高級のダウンの800FPを使用しています。(800FPのダウンは、殆どのメーカーでは最高級ダウンと謳いますが、モンベルでは900FPダウンを使ったフラッグシップモデルがあるのでただの高級羽毛になります、面白い事です)
収納サイズの小型化と重量の軽量化を図るライダーにのみお勧めできるシュラフです。高価なシュラフですが、価格に見合った性能を持っています。900FPはさすがに高価で躊躇するライダーでも800FPのこのモデルなら手が出るのではないでしょうか。

楽天市場でアルパイン ダウンハガー 800 #5を探す。
AmazonでU.L.スパイラルダウンハガー♯5を探す。

モンベル アルパイン ダウンハガー650 #3

アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はアルパイン ダウンハガー650 #3

モンベルからの引用です。

高い保温性とコストパフォーマンスを実現し、汎用性にも優れたモデルです。夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れたモデルです。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位です。このテント単体で日本アルプスを縦走すると寒くて寝られない日がありそうです。シュラフカバーとインナーシュラフは必須でしょう。

【総重量】815g
【カラー】バルサム(BASM)
【収納サイズ】φ16×32cm(5.1L)
【コンフォート温度】5度
【リミット温度】0度

最低気温が0℃なので、南東北以南の3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
夏の北海道ツーリングや北東北ツーリングでもシュラフ単体で快適に就眠できますが、道北道東地方のツーリング中に冷え込むと寒くて目が覚めるはずです。その時は、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせれば、快適な睡眠が得られます。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は650FPを使用しています。ダウンと言っても650FPとなると、やはり大きく重くなるのが分かるモデルですが、化繊シュラフに比べれば圧倒的に軽量コンパクトです。わたしもモンベルのダウンシュラフで650FPを冬山登山に使っていますが、大きく重いのでちょっぴり後悔しています。
その代わり、ダウンシュラフとしては廉価です。
メーカー価格¥18000 +税なので、手頃なダウンシュラフと言えます。

楽天市場でアルパイン ダウンハガー650 #3を探す。
Amazonでアルパイン ダウンハガー650 #3を探す。

モンベル アルパイン ダウンハガー650 #5

モンベル アルパイン ダウンハガー650 #5

アウトドア用品メーカーのモンベルの製品です。
製品情報はアルパイン ダウンハガー650 #5

モンベルからの引用です。

高い保温性とコストパフォーマンスを実現し、汎用性にも優れたモデルです。夏の縦走や秋冬のキャンプなどにも適したモデルです。

わたしの経験では、夏の3000m級の山の朝晩の最低気温は5℃から15℃位、夏の中級の山の朝晩の最低気温は15℃から20℃位です。このテント単体で日本アルプスや秩父山脈を縦走すると寒くて寝られない日がありそうです。シュラフカバーとインナーシュラフは必須でしょう。

【総重量】642g
【カラー】ブルーリッジ(BLRI)
【収納サイズ】φ14×28cm(3.4L)
【コンフォート温度】10度
【リミット温度】6度

最低気温が6℃なので、東日本では夏専用のシュラフとして、西日本では3シーズンシュラフとしてツーリングに使えます。
北海道ツーリングや北東北ツーリングでは夏でも単体では無理なので、シュラフカバーやインナーシュラフと組み合わせます。それでも道北道東と下北半島では寒いかもしれません。

製品名にはスパイラルの文字が入っていませんが、スパイラル構造を採用しているモデルです。そのためにマミー型シュラフ特有の圧迫感を感じずに就眠できます。

中綿は650FPを使用しています。ダウンシュラフとしては大きく重いですが廉価です。
メーカー価格¥15000 +税なので、手頃なダウンシュラフと言えます。

楽天市場でアルパイン ダウンハガー650 #5を探す。
Amazonでアルパイン ダウンハガー650 #5を探す。

Ads by Google