ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

キャプテンスタッグのリベロツーリングテント

キャプテンスタッグのリベロツーリングテント

格安ツーリングテントはどの様なものかと言う好奇心から購入をして実際に使って見ました。1万円を切る価格とは思えないほど完成度が高く1万数千円のツーリングテントを購入するよりは、このテントを購入すれば良いように思います。
以下、CAPTAIN STAG リベロツーリングテント M-3119のレビューです。
同時にバンドックツーリングテントBDK-17も購入をしたので、二つの格安ツーリングテントを比較すると良いです。

キャプテンスタッグ リベロツーリングテント レビュー

更新日:2016/03/21 

CAPTAIN STAG リベロツーリング テント M-3119のレビューです。
1.テント本体の底部はいわゆるドカシーと同質素材。金具やペグなどの金属類は全て鉄製です。
2.組み立ては簡単ので、初回、取扱説明書なしでも10分ほどで組み立てられました。

▼続きを読む

3.紐と自在によるテントの固定が出来ないの、構造から耐風性は乏しいです。
4.テント本体の頂上部がメッシュ構造となっていてテント室内の暖かい空気が逃れてしまうので、涼しさを求める季節以外の使用は難しいです。
5.フライにはベンチレータが左右設けられているので、テント内にこもった熱気を放出してくれます。
6.防風扉とメッシュ扉の二重構造です。防風扉とメッシュ扉は同じ大きさなので、防風扉だけを閉じることも、メッシュ扉だけを閉じることも出来ます。
7.2人用となっていますが、2人で寝るとテントの幅一杯になるので、実質的に1人用のテントです。緊急避難的に2人寝ることが出来ると考えておいた方がよいです。このサイズのテントに2人で寝たこともありますが窮屈でした。
8.テントの左右の両端にメッシュポケットが付いています。これはオートバイの鍵や深夜に使うヘッドライト類を置いておくのに便利。左右にあるので、どちら向きに寝ても頭にポケットがあるのは重宝します。
9.入口は前後双方にあるので、2人で使用する場合は相手を跨ぐ必要がありません。
10.前室は前後にあるがツーリングの荷物を前室だけに置くほどの容積は持っていません。最も1人で使うなら荷物の大半は室内に置けるので、前室は汚れたブーツや濡れたカッパなどだけを置けば良いです。1人で使う場合は前室の狭さは感じないでしょう。

以下、詳細を述べましょう。

×閉じる

キャプテンスタッグ リベロツーリングテント レビュー

キャプテンスタッグ リベロツーリングテントの設営

更新日:2016/03/21 

キャプテンスタッグ リベロツーリングテントM-3119の張り方の説明です。生地が厚くて取扱が難しいこのテントですが、設営はとても簡単に出来ます。テントを設営する簡単さから言えば、高価格なテントのムーンライトシリーズやトレックライズシリーズに引けを取りません。

テントの設営の所要時間ですが、慣れた方で5分以内、不慣れな方でも10分から15分程です。テント設営に癖が無いので一度張れば二度目以降は迷うこと無く張れるでしょう。

キャプテンスタッグ リベロツーリングテントの設営

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google