ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

ツーリング走行の注意点

ツーリング走行の注意点 返信

  1. 投稿者:うーたん 福島県
  2. (投稿日:2003/09/08 / 更新日:2004/03/09)
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除
  4. 地図の入力

このトピックは、わたしの経験談として書いて行きます。ライディングテクニック解説書や雑誌と違う箇所が多いと思いますが、全て実際に走行して得たテクニックです。
異論、反論、感想など有ると思いますので、どんどんRESを付けてください。

重い荷物を積んでのツーリングと荷物を積まない通勤や通学や日帰りツーリングとの一番の違いは、当たり前ですが積んでいる荷物の重さです。

わたしの場合、リアバックに15kgから25kgの間で荷物を載せます。季節やツーリング日数、使用するバイクが途中で部品交換が必要となるかなどで、10kg前後の違いが生じます。
一般的に20kg前後がツーリングライダーが積む荷物の重量だと思います。

これだけ重い荷物をリアに載せているのですから、重心も高くなり、コーナー、特に滑りやすい林道では簡単にバランスを崩します。林道を走っているライダーを見かけると、大抵はバランスを崩すことをおそれている走り方をしています。

しかし、それでもバランスを崩すのでさらにスピードを落とし、コーナーも寝かすことが出来なくなり、ほとんど地面に垂直の状態で走っていくことになります。
この走り方で面白いはずはなく、たぶんすぐに林道を走ることがいやになるはずです。(実はバイクに乗りたてのわたしがそうでした、3年余りで1度はバイクに乗るのをやめました)

林道を走るとき、車体のバランスは常に崩れるものとして走ります。車体がバランスを崩しても体全体で立て直してあげれば良いわけです。
例えばコーナーリング中にリアが滑っても、フロントが滑らなければ大抵は立て直せます。

コーナーリングではコーナーのR、路面状況、対向車の有無、勾配等は徐々に変化していきます。それに合わせてバイクをほんの少し寝かしたり起こしたり、人間も前後左右、上下に体重を移動してバランスを取ります。

体重をかける場所は、よく言われるひざの他に、くるぶし、おしり、それにコーナーに対して外側の腕を使用します。そして棟は常に進行方向(つまりコーナーの出口)へ、向けます。

コーナー移動に応じた体重移動とバイクのバンク角を意識して覚えると、林道を走るのが信じられないくらい楽になります。

積載は軽いほうが良い

  1. 投稿者:おちべー@XLR250BAJA
  2. 投稿日:2004/03/08
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

林道走るなら軽いに越した事はないんですが、ロングツーリングだと
結構な量になりますね。
写真は北海道の時ですが50kgくらい積んで走っていました。
気を付けた点は、リヤタイヤが流れても積載物が別の動きをしないように、ガッチリ固定しました。これで結構走りやすいと思います。

50kgとはすごい

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2004/03/09
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

50kgとはすごい重量ですね。バランスをとるだけでも大変そうです。
でも、北海道ツーリングで林道を走ろうとすると、あらゆるトラブルに自分だけで対処しなければならないので、荷物が多くなるのはわたしも一緒です。
アクセルケーブルやクラッチケーブルなども持参して走った事があります。

北海道に限らず、積載物が多いのにしっかりと固定していないライダーは多いですね。走りづらくないのかと思うのですが、本人はその積み方以外で走った事がないので気にならないそうです。

Ads by Google

Ads by Google