ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

夕立

夕立 返信

  1. 投稿者:うーたん 山梨県
  2. (投稿日:2003/09/01 / 更新日:2003/09/01)
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除
  4. 地図の入力

ツーリング中に必ず出会うものの一つに夕立があります。
ここで紹介するのは2002年8月に山梨県の樫山林道で夕立に遭遇したときの模様です。

樫山林道の樫山集落を抜けたときから小雨が降り出してきて、中間まで来ると滝のような雨となりました。経験から雨量を推測すると、1時間35mm以上の雨量ではなかったかと思います。

林道沿いに東屋などの避難場所があることは希で、樫山林道にもありません。豪雨となった当初は、夕立はすぐに去ってしまうから巨木のしたでやり過ごそうとしたのですが、耳元で雷が鳴り出したので、あわてて先に進みました。

山岳林道で雷に遭うことは別に珍しくもないので慣れていましたが、このときは雷鳴が上だけでなく真横からも聞こえてきたので、落雷の危険を感じました。

木賊峠に東屋が有ることは知っていたので、その東屋まで進むと、東屋にはすでに先客が多数雨宿りをしていました。ただ、不思議だったのは先客の全員がクルマで来ていた人たちだったということ。わざわざ雨しぶきのかかる東屋に入るよりも、車の中にいたほうが良いのではないかとふと思いました。

夕立の後

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2003/09/01
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

上記の「夕立」の後の画像で、樫山林道のほぼ同じ場所で撮影しました。

夕立の時、東屋で小1時間も雨宿りをしていたのですが、一緒に雨宿りをしていた方達と自然と話が弾み、そのうえお握りや羊羹などを食べきれないほどいただきました。
ツーリング中のわたしの姿はよほどうらぶれて見えるのか、実は日本中でこのような事を経験しています。

東屋にいた方達は登山やハイキング、トレッキングが目的だったようです。雨が小降りになると、それぞれ思い思いの方角へ走り去って行きました。

Ads by Google