ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

対向車との怖い思い出 その1

対向車との怖い思い出 その1 返信

  1. 投稿者:うーたん 高知県
  2. (投稿日:2003/09/02 / 更新日:2003/10/14)
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除
  4. 地図の入力

ツーリングをしていると色々な危険に遭遇します。
北海道でヒグマとばったりであったとは、おそわれたら食べられるという考えが横切りましたが、ここで「100%死ぬ」とまで深刻には思いませんでした。

過去に「自分はここで死ぬんだ」とツーリング中に思ったのは2回有ります。いずれも相手はクルマでした。

最初は2001年ゴールデンウイーク中の奥南川林道でした。ちょうどSSERの最後の開催の年だったからか、オフィシャルカーがぶいぶい林道の中を走っていました。

奥南川林道の東側は勾配はほとんど無いですが、日中でも薄暗い森林の中で、コーナーが多くとても見通しが悪い道です。
わたしから見て左コーナーを曲がり始めた所、目の前に大型のピックアップバンが現れました。しかもものすごいスピードで、インベタでコーナーに侵入してきました。わたしの方がイン側、相手のクルマは本来はアウト側を走らなくてはならないはずですが、相手はお構いなしです。

わたしの目の前に猛スピードのクルマが向かってきて、クルマのさらにイン側には50cmほどの隙間しか有りません。よけようにもよけるだけのスペースすら有りませんでした。このときは実に素直に「この車と衝突して死ぬんだな」と思いました。
ちなみに、イン側は山、アウト側が谷だったので、クルマは谷に落ちる恐怖心からインベタになったのでしょう。

わたしの記憶はこの後おぼろげとなるのですが、どうやら山側の崖に乗り上げて相手のクルマをかわしたようです。普段のわたしのテクニックでは到底できない技ですが、人間、窮地に陥ると底力がわいてくるようです。

このときの相手のクルマは赤のピックアップバン(ダットラやハイラックスと同様の形)で、その後、SSERのCPなどで何度も見かけたので間違いなくSSERのオフィシャルのクルマだと分かりました。

掲載した画像は場所は違いますが当日に撮影した奥南川林道です。実際に遭遇したコーナーはもう少しRがきつく見通しも悪かったです。

対向車との怖い思い出 その2

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2003/09/02
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

北陸自動車道を走っていたときのことです。
北陸道は対面通行の片側一車線が多くあります。
青海から糸魚川にかけてのトンネルを通過する際に、突然対向車線から1台の乗用車が追い越しをかけてきました。
大型の乗用車が車線の真ん中を走りながら向かってきますが、高速道路といえどもトンネル内には路側帯はなく、バイクでも避けようがありません。また、こちらが停止してやり過ごそうとしても、必ず接触するはずです。相手のクルマは追い越しをかけるくらいだから130km/h以上の速度は出ているはずで、これに接触しただけでもバイクや人間は吹き飛ばされてしまいます。

瞬間的にこれらのことを判断すると、奇妙に落ち着きました。対向車が本来走る車線に戻らない限り自分は確実に死ぬということに気づいたからでしょう。

バイクとクルマがチキンランの様に正面から向かい合ったときに、バイクが少しでも避けるそぶりを見せると、絶対と言っていいほどクルマの方は避けません。このときわたしは逆にセンターラインよりに走る位置をずらして、相手が避けない限りは必ず事故になるということを分からせるようにしました。

相手のクルマのドライバーはバイクなら避けるとたかをくくっていたのか、それともバイクとの距離感もはかりかねるほどの馬鹿だったのか分かりませんが、50mを切る距離まで近づいた時に、あわてて自分が本来走る車線に割り込みました。割り込まれたクルマのドライバーはさぞびっくりしたと思います。

4WD

  1. 投稿者:いちさわ
  2. 投稿日:2003/10/06
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

私も4WDの車にひどい目にあったことがあります。

奥入瀬川の近くの林道(車1台通るのがやっとの道幅)を妻と一緒に走っているとき、私が先行して妻が後ろを走っていたのですが、前から4WDが飛ばして走ってきました。こちらからバイク2台が走っているのに気がついているのかいないのか分からないのですが、減速する気配もないので、私は危険と思い道路脇の斜面に乗り上げてかわしました。ところが妻は車に驚き握りゴケをしてしまい、4WDはブレーキをかって止まったのですが、妻の腕を少しタイヤで踏んでいたのです。幸い骨折はしませんでしたが、本当に嫌な思いをしました。

それ以来林道での車(とくに4WD)にはかなりの注意を払って走るようになりました。

それから、4WDのドライバーに多いのですが、林道において後ろからオフロードバイクが来ていることに気がつかない人が多いです。かなりペースが遅いので、クラクションを鳴らして気がついてもらおうとすると、それに怒りだしてしまう人が多く、困ってしまいます。ノロノロ運転をしているのだから、もう少し後ろを気にしてくれればいいのに、合図を出すと怒るんだからどうしようもありません。

ところで、北海道のドライバーは林道でも猛烈な速さで車を走らせます。パンケニコロベツ林道で結構なペースで走っているのに、ごく普通の乗用車が同じぐらいのペースで走ってくるのには驚きました。北海道はすごいです。

みんなに経験があるんですね

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2003/10/14
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

林道を走っていると、どうしてもクルマとの接触、あるいは接触未遂は避けられないみたいですね。
むかし、初心者を何名か林道に連れて行ったのですが、クルマが林道の真ん中に停めてあって通行出来なかったり、カーブでも対向車のバイクを避けようともしないので、ずいぶんと怖がっていました。

北海道のドライバーは確かに早いですね。
大抵の林道ライダーが北海道に渡ると、その早さには驚くそうです。美深スーパー林道(道北スーパー林道)やパンケニコロベツ林道、シートカチ林道は路面もフラットなので車も飛ばしますね。でも、運転を見ていると、内地の襲いドライバーよりはよっぽど神経を使って注意しているのが見て取れます。

サーバーの容量が一杯一杯なので公開出来なかった、最新のシートカチ峠とトムラウシの画像を載せてみました。
この景観を見るために、今年は渡道したようなものです。

Ads by Google