ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

羽幌-天売島-焼尻島フェリー

羽幌-天売島-焼尻島フェリー 返信

  1. 投稿者:うーたん 道北
  2. (投稿日:2007/07/05 / 更新日:2008/06/29)
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除
  4. 地図の入力

羽幌と天売島、焼尻島を結ぶフェリーが「おろろん2」です。車やバイクはもちろん、自転車もフェリーで運びます。便数は少なく秋から春にかけてのシーズンオフは1日1便です。観光シーズンとなる6月以降は1日4便から6便になりますが、期間によって便数にバラツキがあるので、乗る前に必ず時刻を確認した方がよいです。

時刻表のURLは
http://www18.ocn.ne.jp/~enkai/unntinnhyou.htm
です。

客室

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

客室は大きく3つに分かれています。
乗船した甲板と同じフロアーにあるのが一番大きな客室で、殆どのお客はここに入ります。
次いで中甲板にあるのが写真の客室です。カーペットが敷かれた雑魚寝の区画とソファーが置かれた座って休める区画があります。この客室は殆ど利用者が居ません。
最後が下甲板にある狭い密室の客室です。個室のような感じなので、グループが利用するようです。一人でも話し好きの人がいると、うるさくて耐えられない部屋です。

階段

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

上甲板、中甲板、下甲板へは写真のような階段で上り下りをします。船の階段らしく狭く急勾配なので、時化の時などは転倒の危険もあります。

客室入口

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

上甲板の一番利用者の多い客室の入口です。入口の前のスペースは手荷物置き場となっています。
折りたたみ自転車などを持ち込んだ場合は手荷物扱いになるので、この辺りの置きます。

羽幌港

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

羽幌港の様子です。フェリーターミナルの横に駐車場があるので、バイクを置いて手ぶらで乗船することも出来ます。

焼尻港

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

羽幌港を出港すると最初に焼尻港に入港します。

天売港

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

天売港の方が焼尻港に比べて観光地という雰囲気があります。お店も若干ですが多いです。

海上を行くフェリー

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

焼尻島の鷹の巣からみたフェリー(高速船)です。天候が良ければ快適な海の旅です。

高速船さんらいなぁの船内

  1. 投稿者:うーたん
  2. 投稿日:2007/07/05
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

高速船さんらいなぁの船内です。お客はシートに腰掛けて、フェリーのような雑魚寝の部屋はありません。所要時間はフェリーの2/3ほどで、羽幌-天売が60分です。

北へ翔ぶ

  1. 投稿者:唖キラ
  2. 投稿日:2008/06/29
  1. フォームメール
  2. 変更
  3. 削除

羽幌フェリーは空を飛ぶ、
オロロン〜 オロロン〜啼きながら、
天売、焼尻、青い空
優しく映る碧い海