ツーリングトーク バイク談義

オートバイの整備とキャンプのノウハウ

オフロードバイクのタイヤ交換の方法(DIY)

オフロードバイクのタイヤ交換の方法(DIY)

オフロードバイクのタイヤ交換の方法(DIY)

タイヤ交換とパンク修理に必要なツール、作業に必要な道具を紹介すると共に、実際のタイヤ交換の写真を交えて前後のタイヤ交換を解説します。
オフロードバイクのタイヤ交換はパンク修理と同じ難易度です。タイヤ交換が出来る様になればツーリング中のパンク修理も出来ます。

ツーリング中のトラブルで一番多いのはパンクでしょうか。パンク修理を自分で出来ればツーリングでパンクを心配する必要がなくなり、とても楽になります。
チューブに注入するパンク修理剤は重宝しますが、実際のツーリング中に発生するパンクに対しては、半分くらいしか修理できません。鉄片などが刺さって大きく裂けたチューブや、リム打ちをしたチューブの補修は修理剤では不可能で、コールドパッチでも補修不能の場合が多く、チューブ交換を交換しなければならないケースが殆どです。
タイヤ交換、チューブ交換、パンク修理は殆ど同じ作業内容です。

フロントタイヤの交換

タイヤとホイールの取り外し

更新日:2003/09/09 

フロントタイヤとホイールを車体から取り外します。
ホイールの中心にアクスルシャフトが通っていて、このアクスルシャフトが車体に固定されています。

通常のオフロードバイクはメーカーを問わず4つの10m/mもしくは12m/mのボルトで固定されていて、この4つのボルトを緩めます。ついでアクスルシャフトをボックスレンチで緩めます。

フロントタイヤの交換

リアタイヤの交換

タイヤとホイールの取り外し

更新日:2003/10/10 

先に紹介したフロントタイヤと違って、リアタイヤは直径が小さい割に、タイヤの幅が厚く、またビードも堅いので、交換するのも一苦労です。

まずチェーンを緩めて、スプロケットからチェーンを外します。
外し終えたら、ホイールの芯にあたるアクスルシャフトを抜きます。しばらくメンテナンスをしていないバイクだと、さび付いて手で簡単に抜き取れないはずなので、プラスティックハンマーなどで軽く2、3回たたいてください。
最後に、錆びて固着しない方法を書きます。

リアタイヤの交換

タイヤの寿命

リアタイヤ

更新日:2016/03/29 

バイクに使用されている消耗品の中で、一番交換する頻度の高いのがリアタイヤでしょう。

わたしはオンロードバイクやスクーターに乗ったことがないので詳しくは知りませんが、オフロードバイクよりはずいぶんと寿命が長いそうです。知人の原付スクーターは2万キロを走ってまだ五分山でした。
ここではオフロードバイクのみを取り上げます。

タイヤの寿命

リアホイールのスポークの交換

応急措置

更新日:2008/03/21 

レースや競技ならともかくツーリング中にスポークが折れると言うことはあまり無いようですが、わたしの場合に限って言うとよく折れます。初代のDJEBEL XCでは7万9千km余りの走行で5本折れましたが、現在所有している2001年式のDJEBEL XCはすでに30本以上のスポークを交換しています。
そのようなわけでスポークの交換はもちろんですが、折れた際の応急措置にも気を配るようになりました。もちろんツーリングにも数本のスポークを持参して行きます。

リアホイールのスポークの交換

新・フロントタイヤの交換(詳細版)

フロントタイヤを交換します

更新日:2008/03/29 

すでにフロントタイヤの交換のコラムがありますが、もう少し詳細な手順で解説したものを新たに書きました。

使用車種はスズキジェベルXCの2002年式です。
タイヤはダンロップD605です。

新・フロントタイヤの交換(詳細版)

新・リアタイヤの交換(詳細版)

リアタイヤを交換します

更新日:2008/03/29 

ジェベルのリアタイヤの交換はすでに掲載済みなのですが、もう少し詳細に手順を解説したものを今回、新たにアップしました。

車種は同じジェベルですが、2000年以降のモデルに変わっています。

タイヤはジェベルに純正で付いているダンロップD605です。わたしはロングツーリングが多いので、舗装路でもダートでも安定した性能を発揮してくれて寿命も長いダンロップD605かブリギストンTW302(リア)(フロントはブリヂストンTW301)を主に使います。

新・リアタイヤの交換(詳細版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

Ads by Google